【リフォーム前にできること】失敗しないシロアリ駆除・予防対策

リフォームで白蟻の巣ができる!?環境の変化が原因

シロアリ駆除の作業の流れを知る!シロアリ駆除で巣を根絶

シロアリ駆除と予防は何が違うの?

白蟻予防のために行なう作業と駆除作業は、実際には同じことを行ないます。駆除専用の薬剤を散布するのですが、白蟻の巣を的確に判断して、木材や土壌面を予防するには、専門的な知識が必要になるでしょう。実際に目に見える部分だけでなく、被害に出ている箇所、これから被害に遭いそうな箇所に薬剤を散布しないと効果的な予防にはなりません。白蟻を完全に根絶させるために、駆除作業のエキスパートに予防してもらうことが大事です。特殊な機材や駆除専用の薬剤を使用して、長年の経験から的確な白蟻予防をしてくれます。

家を守るシロアリ対策!~具体的にすること~

シロアリ駆除業者が行なう作業の一連の流れを紹介します。これから駆除作業をする方は参考にしましょう。

侵入場所の確保

キッチンの床下収納庫や、洗面所の床下点検口が、床下への主な侵入場所となります。これらの侵入場所がない場合は、床板をカットして侵入します。

作業準備

薬剤を散布する作業車のホースで住宅が汚れないように、玄関から侵入場所までシートで養生を行ないます。

薬剤を散布

床下に使用している木材・土壌表面に薬剤を散布し、床下がコンクリートでも散布します。薬剤には防蟻効果と防腐効果があります。

室内作業も行なう

床下に薬剤を散布しただけではシロアリ駆除できない場合、室内作業を行ないます。状況や部位に応じた適切な処置をします。

作業完了

作業ミスがないかチェックし、床下や作業場所の掃除・片づけをします。後日、作業完了報告書と保証書が自宅に届きます。

TOPボタン